【漫画】「イチケイのカラス」#3/3話 ㊗️フジテレビ月9ドラマ化!竹野内豊 黒木華【公式】

【イチケイのカラスの再生リスト】

★他のおすすめマンガ動画★
“女性”に特化したスピンオフ!『はたらく細胞LADY』

おこづかい1万5千円!💰伝説のステーションバー男、驚異の節約生活術とは!?

💪勃起→射精💦するためにどれだけ赤血球たちが頑張っているのか

漫画アプリ「コミックDAYS」でも気軽に読むことができます📱

単行本も発売中!📚

「イチケイのカラス」各ツイッターはこちら!
浅見理都:
公式:

【ドラマ関連URL】
特設サイト 
予告動画 
Twitter 

講談社「モーニング」は毎週木曜日/「モーニングtwo」は毎月22日発売!

●各公式Twitterもよろしくお願いします!
モーニング⇒
モーニングtwo⇒
コミックDAYS⇒
マンガ動画チャンネル⇒

#モーニング #コミックDAYS #漫画 #裁判 #弁護士 #冤罪

コメント

  1. k m より:

    思ってたより全然面白いです。描写も無理なくスッと入ってきます。単行本出てたら買おうか迷い中です。

  2. 特殊潜航艇プロテウス より:

    ドラマ版、バカリズムさんの「前科6犯だが将来パン屋さんを夢見てる男」への裁判長の包容力が、物凄い違和感を覚え、観れなくなりました。
    「人の命が無くならなければよい」とだけ考える、エリート崩れの極悪思考の男に、入間さんが優しすぎて、ついていけませんでした。
    私は、邪悪性に対して、一切、ズルや卑怯な行動がとれずに歯ぎしりして、血の涙を流しながら生きてきました。そういう人間もいるのに、「他社」のるろうになんたらもそうですが、2000年からの娯楽作品全般、悪人に「不殺」、「不殺」と配慮しすぎて、悪い事が、どんなに踏ん張っても出来ないタイプの人間に、あまりにも、冷酷すぎます。
    私は、娯楽作品表現を、悪人に都合の良いように操る超・有名出版社の不殺キチガイ編集員の男たちから21年間、嫌がらせと家宅侵入と、器物損壊・窃盗をされ続けて来ています。
    全く、精神的トラブルに配慮しない両親によって、お仕置きに子供を、押し入れに入れるような感覚で精神病院に何度も放り込まれ、強い電気ショックで、記憶を失ったこともあります。病院内は、いじめと盗みと嫌がらせ人間の巣窟でした。
    心臓が爆発するほど息苦しい、薬の副作用のストレスとの中、何度も、本気で自殺しかけました。
    『人の命さえ維持されているなら、あとは、何をしても良い』と考える、「ころさず狂」の「イチケイ」ドラマ内の犯罪者に、どうしても激しく怒りが湧いて来て、その男に『優しく、包容力をもって穏やかに接する』裁判長の姿に、『冗談じゃねぇよ』と、泣き叫びたくなり、納得できませんでした。
    私が強制的に相手にさせられている男たちは、プロの特殊技能暴力を得意とする、犯罪者集団で、今現在も、私の人生・趣味全般に男たちは肉縛して、犯罪は続いています。カメラのモニターデータも消されました。
    子供の頃の写真も、たくさん盗まれました。
    端末は、もう、壊され続けて、7台目です。
    「どんな酷い目にあおうと、命が無くなる事が、無いのはありがたい事だぞ』、と広く『大ウソ』を世間へ刷り込むかたわら、私のような性質の女と、私が大切にしているものを、プロの力を使って、完全な逆恨みで精神的にぐちゃぐちゃに強姦して滅ぼそうとする男がいる限り、人間は、善人を憎悪し、悪人の同調・弁護・手助けをする、「ウィルスの手助けをする逆抗体」のようになりながら、滅んでいくしかありません。
    彼らが、苦しむ地球から、新型コロナまで、引きずり出した『大元の元凶』です。
    人間は、肉体だけたずさえて、生きているのではない。
    この、気が狂った犯人男性たちの様に、世間の裏に隠れて、罪のない女に、ひたすら精神的苦痛を与える麻薬中毒状態の快楽追及プラス、そこからもたらされる爆発的な企業利益の中だけで生きていると、必ずでかいしっぺ返しはやって来る。
    悪実行欲への快感追及と、支配権力の欲望があわさると、『地球が原始の地球へと退行するのを推し進め、悪くない心の人が大量に死に、人類が滅ぶのを早めるだけ』です。