【GGLロス】素晴らしかった、、ガールガンレディ最終回の感想を皆と語りたい!

コメント・評価・チャンネル登録 宜しくお願いします。m(__)m

過去一番話がまとまらなかったです。笑
素晴らしいドラマでした!
ガールガンレディフォーエバー!!

#ガールガンレディ#プラモアラモード#M太郎

音楽: Farewell
ミュージシャン: Ilya Truhanov
URL:

コメント

  1. サンライズテキーラ より:

    早々にアップ、お疲れさまです。

    確かに細かい部分のツッコミが、気になる人もいるかもですが、私もトータルでは気にならないですね。

    終わり方、確かに続編を作れるかもしれないような、あるいはこれで完結ともできるような感じですね。

    個人的には、続編があればもちろん見ますが、終わった方がいいように思います。

    また明日、ゆっくり拝見いたします。

  2. ようつべnob より:

    お話としては文句ない最終回だったけど、ディティールに関してはツッコミ所が山ほどあるかな。
    でも白石聖の演技力に圧倒されて些細な部分はどうでも良く楽しめた。
    とりあえず映像からの情報を素直に受け止めると、GGFの犠牲者は全員生還したけど小春はまた一人ぼっちになってしまった。
    最後のあれは「店長」は倒したものの、ガールガンシステムは健在なのでは???

    最終回で気になったのはやっぱり予算的な事。
    9話で覚悟してたけどやっぱ一番残念なのは石井杏奈のアマツコスが無かった事。
    アリスに3着作ったそうだけど、一つ回してあげてよ~!もうホントここだけは何とかして欲しかった。

    ガールアーマーの件は9話も含めて雑w
    要は小春が作るというオチがあるから美麗ちゃんをケガさせた訳だけど「作れるやろ!」って思われちゃう。
    それだったらメンタル的な理由(以前ほど情熱が無い)でもう魂込めたり出来ないって方が良かったんじゃないかな?
    それとガールアーマー組んだ人なら分かるけど、魂込める余地なしのシンプル設計w
    もしかしたらビルドアップニッパーのみで、アルティメットニッパー並のゲート処理をしていた!?

    サントラ買ってない人は「ガールガンゴールド!」って言われて「何!?」って思ったかも知れない。
    世界構造の予想で「マイトガイン」的な所を指摘してる人がいたけど
    要は最終回は金色なんだよ!って事だよねw全載せだからパーフェクトキャノンかな?
    Girl Gun GoldでちょうどいGGGだし、勇者シリーズのオマージュもあるんだろうね。

    松子とアリスとのお別れは白石聖の演技力の素晴らしさしかない。
    ただの作り物の松子が自分が何も残らない寂しさを口にする訳だけど
    小春はあえて「昔からずっと友達」って言い切る所が最高に好き。
    最後の最後に「本当の親友」になれたのに消えていってしまう悲しさ。

    最後出る人が少ないのはスケジュールとか予算の都合だとは思うけど
    個人的には守山が出て来ない&GGF継続中なのは意味があると思ってる。

    店長自体がGGFのボスとして設定されていただけのキャラなのか、
    FFFを色々探っていた守山がガールガンシステムを継承したのか、
    「次があるかも?」って期待させる終わりになってるな、と。

  3. 永井裕之 より:

    最終回リアルタイムで見ました

  4. 235667gh より:

    いや~、今回で増々あっちの世界のキットが見てみたくなりましたね(笑)
    全ては「ガールガンレディの設定」との事ですが、
    と言う事はファイトの事やコマンダーの目的、コマンダーを人間にする条件など全て書いて有る筈なのでプレイヤー全員そこ見落としていたのは迂闊でしたね~
    (前回CTの雨宮さんが少し触れてましたけど結局そこから改めて調べない所がCTらしい所(笑)
    と言うか松子がプレイヤー全員に始めからその辺話してたら済んでたんじゃないのかな~とか。。。

    Ⅿ太郎の正体も判明したワケですがどこで伝説になってたのかと思いましたが多分ヤ〇オクですね(笑)
    プラモ作るの止めたのは学校で副業禁止されてるからでしょう(笑笑)

    「設定」によるとガールガンシステムはⅯ太郎が作ったガールアーマーが破壊するとの事でしたが本人に無断で実在人物を「設定」に取り込むと云うのは相当問題有りそうですがこの世界の「メーカー」にはコンプライアンスとかは無いんでしょうか?
    (美麗せんせはガールアーマー持ってないとの事でしたが勝手に名前使ったんだからせめてサンプルくらい送りなさいよと。。。)

    もうあっちの世界の原作だけで1冊ムック作れそうなので是非お願いしたいです。

  5. ブラックワールド より:

    最後のオチですが、小春は、プラモデルに魂を込めれるようになったので、無意識のうちにガールガンレディの世界を作ってしまったと解釈。
    小春とアリスの二人だけしかいなかったので、小春とアリスが逢える世界だと思います。

    続編については、今回の話の続きとしてはないと思います。ガールガンシステムはまだ残っていると解釈する人もいるみたいですが、死んだ人たちが生き返っている以上、システムは破壊されたと解釈すべきだと思います。店長そのものが、システムなんでしょう。
    それに白石聖ちゃんは、来年24歳だし、JK役はもうやらないと思いますので。
    この後、レンタルや配信などで、2次ファンが増えて、プラモもそこそこ売れたら、別な形での2作目はあるかもしれないですね。
    キャストは一新して、パラレルワールドでガールガンファイトを行う設定だけは残し、新たな黒幕と新たな謎で、違った物語りとしての新シリーズは可能性あると思います。
    牙狼シリーズみたいに、違う形での新シリーズなら、何作でも作れますし。

  6. とかげしゃん より:

    水曜の朝から深夜の30分ドラマでボロボロ泣くとは思いませんでしたw
    9話のラストシーンの真相についてわたしは知らず知らずのうちにアリスに感情移入しすぎたのかな?と1週間モヤモヤ過ごしました。流れは違っていましたがアリスが自分の欲望のためではなく店長側に寝返ったと見せかけての松子に運命を託すところはコマンダーとしても他とは違うという見せ所、松子もコマンダーを信じるなという伏線を自らの命を失っての回収、そしてアマツ時代に果たせなかったM太郎とアーマーを見つけることとおそらく初めて出来たプラモードでこれで店長を倒したらもう悔いはないね!と思いました。

    私は8話あたりからどんな結末だったら小春が納得できるラストになるかを考えてきました。自分の存在意義や共に生きてく友達が残ればいいなと見てると思いますが主人公には成長と少しの犠牲はつきものできっとアリスは人間にはなれない、プラモデルが人間との共存はやはり許されてはいけない気がしていて変わりに既に人間の松子は残ってくれるかもと期待していましたがプラモード発動でその期待がなし崩されましたwでも松子プラモードはかなりいい展開でした!

    若干17歳にして小春の懐の深さには感心します。作られた過去を否定する松子の事も初めから受け入れていてアリスの「作り物も愛せるのが小春」というセリフがしっくり心に落ちてきてからの松子の「私小春の記憶に残る?」と初めて歩み寄った松子は今までで1番人間臭く「ずっと一緒だったじゃん」と涙溜めながら答える小春には泣かされました。
    現実世界はやはり登校風景くらいで他のチームの子の生存確認欲しかったですね!
    そしてみんなの記憶がないのも悲しい、オレンジチームからしたら本当小春ちょっと変な子に見えるし誰が貰うか問題にもなりますね!w
    オレンジチームは元々仲良し3人組なんだー!だから優勝出来たんかな?なんて想像出来たのはよかったのかなぁ?笑
    アリスが最後に残した「私が小春の中で生きる」はラストシーンのパラレルワールドと思われる世界(夢)で会う事と私は思いました。
    そこは初めから見てる側に委ねている。
    ループでまた戦いが始まる。続きがあるかもしれませんよ。なんでもいいんです。全て語る必要はなくアタックガールガンが一つ置いてあるのもどう受け止めてくれても構いませんというグレー演出だと思いますよ?最後の銃声はスッキリ締めるためで意味はそんなになさそうに思います。
    同僚さんの着眼点鋭くてそうかも!そうだよね!と思いました!
    主題歌のU撃つ(憂鬱やYOU撃つの隠語かな?)とかエンディングのモノローグも聞けば聞くほどストーリーとリンクしていていくつもの意味をもたらしています。この10話分の物語もミスリード含めてどんな展開になっても筋が通っている感じがしたので本当深夜でこのクオリティもったいないです!
    話数足りないのは確かでしたが中だるみは全くなかったのでこれはこれで結果オーライ?笑
    サントラも疾走感がある曲が盛り沢山なのでオススメです(私はApple Musicで聞きました!)

  7. mocchie2 より:

    男性中心の趣味に興味を示して、マイノリティー女子が魅力を語るってのは、男性視聴者からすると応援したくなりますよね。

    星宮先生が重要人物だったのは、やはり朝比奈彩さんだからでしょう!w 逆張り!w

  8. 林大介 より:

    凄く良いドラマでしたね。
    日常に戻った後 朝練の夏菜の何か用って言う伊藤萌々香のセリフが凄く切ない
    ソレはもう夏菜先輩じゃ無く陸上部のエース薄井夏菜でしか無くて
    小春が去った後でもう一度夏菜を映す所が凄く象徴的でした。
    アマツを桜に渡すシーンも凄く良かった。
    松子が実在し無かったとしても小春の孤独な17年間でガールガンファイト以外の世界で唯一の友達
    で唯一の人間との思い出だった松子の筈でアリスと同じくらい大切な筈だけどアマツからすれば小春よりも
    桜に持ってて欲しいやろうからね。
    凄く切ないけど素晴らしいいラストだったと思います。
    続編は有ったらいいなと思うけどここで終わらせるのがベストでは無いかとも思います。
    まぁでもドラマイズムのドラマって高確率で映画化されてます。
    しかし問題はドラマでは無くプラモデルだと思います。
    このドラマはプラモデルを売るためにバンダイが原案した作品です。
    ところが、ドラマはヤフーやGoogleのニュースに成る位ヒットしてますが、プラモデル欲しい人が観てる人の中に
    どの程度居るかって話ですね。
    殆どの視聴者が石井杏奈 白石聖 伊藤萌々香 大原優乃のファンか元々ドラマイズムが好きな人なのでは無いかな?
    ドラマが良くてもアタックガールガン欲しいかって成るとは限って無いんでね。