清原果耶から上白石萌音へバトンタッチ!「おかえりモネ」いよいよ最終週

現在放送中の連続テレビ小説 おかえりモネ と、11月からスタートする カムカムエヴリバディ のヒロイン、清原果耶と上白石萌音が参加するヒロインバトンタッチセレモニーが本日10月22日、東京 渋谷にて行われた。

放送中の おかえりモネ にて、気象予報士を目指していくヒロイン 永浦百音を演じている清原さんは 萌音ちゃんは、わたしがヒロインに決まったときも連絡をくれたり、撮影期間中も気にかけてくれたりして、ずっと大好きで尊敬している方なので、こうしてバトンを渡せてうれしいです とコメントし、3人のヒロインが登場する カムカムエヴリバディ にて、初代ヒロイン 橘安子を演じる上白石さんは 同じ時期に“朝ドラ”をそれぞれ頑張っていたことがすごくうれしくて、お互いに優しいことばをかけ合ったり、精がつく食べ物を贈り合ったりしていて本当に心の支えでした とエピソードを明かし、 こうして(清原)果耶からバトンをもらえてとても幸せです。撮影、本当にお疲れ様でした とねぎらいの言葉を贈った。

そして来週、ついに最終回を迎える おかえりモネ 。最終週の見どころについて清原さんは 気仙沼の家族や幼なじみ、気仙沼のひとたちと重ねる尊い奇跡のような日々が繊細に描かれています。愛を込めて作った大切な作品ですので、みなさんの心にぜひ残るものがあればうれしいです。最後までモネたちのことを見届けていただけたらと思います とメッセージ。

また上白石さんも すごく温かい人間の愛やつながりが描かれていますので、少しでも穏やかな気持ちになっていただけたらと思います。そして、ヒロインが3人いる分、物語は3倍速で進んで行きます。ぜひ毎日見逃さずに見ていただけるとうれしいです と第1週の見どころを説明。

また、ドラマゆかりの品を贈る、恒例のプレゼント交換では、清原さんからは“手作りのインディゴのストール”を、上白石さんからは“御菓子司 たちばな の特製紅白まんじゅう”が贈られた。

コメント