おかえりモネ:脚本家・安達奈緒子も驚いた清原果の“顔” 「いてくれたからこそ表現できた物語」

– DONATE FOR US IF YOU LIKE THIS VIDEO : Paypal & Payoneer: bkcnnk1a@gmail.com
おかえりモネ:脚本家・安達奈緒子も驚いた清原果の“顔” 「いてくれたからこそ表現できた物語」
 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)。今月末の最終回に向けて物語は佳境を迎えようとしているが、脚本家の安達奈緒子さんはどのような心境でいるのか、コメントを発表した。ヒロインの百音を演じた清原さんについて、「物語の中で、まるで実際に5年間を経たかのように、百音の顔が19歳と24歳でまったく違います。

コメント